刀ステ過剰摂取の果てに…

0

     

    今更タイミングではありますが、刀ステの無料配信、

    いえ、維伝も含めて配信されているもの全部観ました…!

    その後、ステ配信期間中に殆ど進められなかったFGOの期間限定イベントを

    怒涛の勢いで巻き返して何とか終えて力尽きた直後にございます…。

     

    短期間の過剰摂取とデジタル疲労により、

    脳みそフラフラ体はバキバキ目はショボショボですが後悔はないです!

    素晴らしく濃密な日々でした…。

     

    気分的には

     

    夏草や 兵(つわもの)どもが 夢の跡

     

    といったところです…。

     

    もう摂取した成分が濃厚&濃密すぎて内容について語れるようになるまでは

    暫く消化する時間が必要だと思うのですが(またFGOのイベントも

    歴代トップクラスに琴線に触れる内容でして…!ボイジャー…!)、

    とりあえず殺陣の好みだけ語ってもよろしいでしょうか。

     

    ダントツは悲伝の三日月対山姥切!ですが

    個人のスタイルで言うなら伽羅ちゃん・極める前の長谷部とお小夜・たぬたぬ

    あたりが好きです。

    理由は…多分ですけど、無駄がなくて直線的かつ実践的な印象だからでしょうか。

    ※伽羅ちゃんは中ではやや格好つけですが、そこはまあ伊達刀だから当然レベルかと!

    見栄えや技巧よりも、斬るために斬ってる、みたいな。

    だからか長谷部もお小夜も極めて(精神的に吹っ切れた感じを表しているのか)

    余裕の出た動きより、極める前のまさに『刃物のような』動きのほうが惹きつけられます。

     

    たぬたぬは中でも特に実践的らしいです。

    ※ツイッターで殺陣に知識のあるかたの解説を見ました!

    シンプルな動きなのに何でこう格好いいと思えるんだろう?と疑問だったんですが、

    そのシンプルさの中にこそ無駄のない究極の実践性があると知った時には震えました…!

     

    そして初めて知る自分の殺陣の好み…。

    今までも好みの殺陣とそうでないものがあるのは分かっていたんですが、

    その線引きが何なのかは今一つ分かっていませんでした。

    これだけ多種多少な殺陣を披露する(しかもイケメン男士が!)作品を

    しかも立て続けに観られるなんていう超絶贅沢な機会を得られた僥倖あってこそです!

    おおお…本気の本当にありがとうけんらんぶ…!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     


    スポンサーサイト

    0
      • 2020.08.30 Sunday
      • -
      • 17:40
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする