恐竜博を見ても…

0

     

    上野の国立科学博物館でやっている恐竜博を見てきました!

    そして審神者はそういうところに行っても、

    何かにつけてはとうらぶのことを思い出すのだな!というお話。

     

    デイノ二クスという首がニョロッと長い、

    でも全体的にシャープで攻撃的なデザインで、

    とてもクリーチャー感が強い印象の恐竜がいたので

    「これは敵短刀を描く時の参考になるのでは!?」と

    まだ展示内容も全然冒頭から図録を買うことを即決しました。

    …二次創作従事審神者のさがですww

     

    でも本当、その直後に展示されていたデイノケイルスの腕の化石といい、

    優秀なクリーチャー感が半端ない。

    これは時間遡行軍が骨を主デザインにしてるのも分かる…!

    と妙に納得してしまいました。

     

    …しかし後の展示で実はこんな姿してるんですよ〜と、

    全身が現れたデイノケイルスはクリーチャーではなく、

    どちらかというと残念な生き物のほうでしたwww

    ヒグマでもワンパンで肉塊に出来そうな巨大な腕とかぎ爪なのに

    顔ちっちゃ…!wwww

    実際、食事は植物が主で、肉は魚くらいしか食べない雑食の恐竜だとか…。

    何に使ったんだあの物凄いかぎ爪…。

    モササウルスに襲われたところに反撃に使うCG映像が流れてましたが、

    鹿の角みたいな感じなんですかね?

    鹿のオスは時として肉食獣を反撃で轟沈させますゆえ。

    …まあ勿論、(デイノケイルスについては)想像でしかないわけですが。

     

    おっと、恐竜見てもとうらぶを思い出すような人間ではありますが、

    どうやら普通に恐竜のことも好きなようですww

     

    一時期話題になったむかわ竜も『カムイサウルス』なんて

    格好いい学名つけられて展示されましたよ!

    サウルスって学名的には『トカゲ』ってことらしいんですが

    (ちなみにティラノサウルスは『暴君トカゲ』暴君トカゲwwww)

    カムイサウルスのほうは超訳して竜ということになってました。

     

    カムイは神ですから…つまり竜神!?

    …とまたここで伽羅ちゃんのことを連想したりしたんですが、

    その後のカムイサウルスの復元予想図と生体の説明を見て

    即刻そのイメージは撤回されましたww

    群れて暮らすし何でも食べる牛みたいな草食恐竜だとか…

    そんなの伽羅ちゃんじゃない!(←当たり前です)

     

    カムイサウルスという名前も『日本の竜の神』って意味で

    つけたらしいんですが、格好良すぎる気が…。

    もっと格好いい恐竜が発見られた時どうするんでしょう(余計な心配)。

    むかわ竜にはもう少し抑え目な名前のほうが絶対しっくりくる…。

     

    ちなみに私的クリーチャー感ナンバー1認定のデイノニクスですが、

    常設展示のほうにも普通にいましたww

    あれー?でもそっちは全然クリーチャー感がないんですよね??

    あれー??

    展示の仕方って大事!(そういうことにした)

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     


    スポンサーサイト

    0
      • 2020.01.19 Sunday
      • -
      • 22:21
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする