『映画刀剣乱舞』観ました!

0

     

    『映画刀剣乱舞』観て参りました!

    おお…チケット取らなくても刀ステの面子が観られるこの喜び…!(感涙)

    ※チケット買えたためしなし

    色々語りたいことは多いのですが…っ!

    詳しく語ると重要なネタバレに抵触してしまうので、

    とりあえずキャラ別にざっくりとだけ…

     

    三日月…老獪のようでいて何処か青臭い未熟さがあって、

    宗近  胡散臭いようでいて何処か儚く痛々しい…。

        不覚にもちょっとキュンときた上に『誰か助けてあげて…!』みたいな

        心境になりました。…不覚にも!(何故二度言った)

        鶴さんがいてほしかった。…と何度か思ったので、だからこそ

        今回いないんだな!とも納得しました。おかげで誰も踏み込めない。

        ただ!事情は分かるけど誰かには話しておけよ!とは勿論思いましたとも!

     

    山姥切…キャストが二番目の割には存在感薄め…。

    国広  織田と関係がある面子がやたらと多い中、全く無関係だからこその

        クールでフラットな立ち位置。皆が皆、動揺したり事情抱えてたりしたら

        収拾がつかないので、こういう立ち位置も大事なのは分かりますが…

        流石にもう少し踏み込んでほしかったなぁ…。

        具体的に言うなら、あのセリフはもう少し熱を持って言ってほしかった…。

     

    薬研 …イケメン&美脚枠。薬研がイケメンなのはいつものことですが、

    藤四郎 頭身が高いので余計に際立つ印象。山姥切とツーショだと(今回結構多い)

        普通に打刀に見えるよ…!因縁が深い割には、内心に抱える複雑なものを

        匂わせながらも、いよいよになるまで冷静だし!

        あと、ついつい目線を持っていかれる美脚が眩しい…。何だあれ…!

     

    骨喰 …ヒロイン枠。人質に取られたり、セクシーショット(川原のあれ)を

    藤四郎 披露したりと、たびたび見せる憂い顔も相まってダントツのヒロイン性。

        ええ、ヒロインでしたともwwwwww

        ところで骨喰くんがレア4よりも顕現が後って、どうなってんですかこの本丸。

     

    へし切…分かりやすい。三日月への不信感から何から色々出過ぎww

    長谷部 〃真面目で頭もよくて、やる気も行動力もあるけど短気で短慮〃キャラ。

        でもそのおかげで色々話が進むので、とても大事な役どころ。

        …とはいえ色々心配過ぎるww日本号が面倒見たくなるのも分かるww

     

    日本号…ムードメーカー兼長谷部の保護者ww

        いなくなると途端に交わされる言葉が極端に減る。長谷部と一緒に隊から

        離れた後、残った面子側のあまりの静けさに一瞬おののきましたww

        いい加減でだらしないけど、ちゃんと色々見えてる上に面倒見のいい兄貴肌。

        鶯丸に次ぐ安定感!

      

    鶯丸  … 群を抜いた抜群の安心感(二重表現)。

        穏やかでしっかりした、発言力もそれなりにあるまとめ役という印象。

        何の予備知識もなくあの本丸に行ったなら、文句なく一番に頼りたい。

        普段からああなら流石に出来過ぎて違和感レベルですが、人員も少ない

        非常時なら、マイペースさが上手く作用したのかも?とは思えます。

     

    不動 …かわいい担当。かわいい。

    行光  酔っぱらって管巻いてるところも勿論かわいいし、鶯丸と一緒に戦ってるところは

        そこそこの体格なのに、小っちゃい子が一生懸命戦ってますっていう感じで

        かわいかったです!

        

    …と、思いつくままに書いてみましたが、非常に偏った見方で失礼致しました。

    不動くんなんか『かわいい』しか言ってませんよ!?

    いくらネタバレしないように、といっても偏り過ぎですぞ!

     

    ちなみにキャラ以上に詳しくは語れませんが、

    話、ちゃんと(ちゃんと?)面白かったです! 

    最初は「まあこんな流れなんかな〜」とちょっとだらけましたが、

    おいおい本場はここからだぜ!って、どんどん面白くなっていく感じでしたね!

    まあ…話が面白いからこそ残念に思う点もあるんですけど!

     

    …ええと、ご覧になられたかたは大体分かると思います。

    「え?誰??」って誰もが思ったあれです。  

    あそこが納得の出来だったら、傑作!とか言ってもよかったのに…残念!    

      

        

     

     

     

     

        


    スポンサーサイト

    0
      • 2020.03.28 Saturday
      • -
      • 21:57
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする